交通事故で九死に一生を得た治療師です。6月から治療師として復帰することになりました。また、よろしくお願いします。


by youtendo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バーべキュウ

昨日、お客様企画のBBQに参加させていただきました。もちろん私は、マッサージ師として参加☆全部で20人くらい参加されたみたいです。朝9時半に集合して、千葉のほうまで・・・私は、夜違う予約がありましたので、4時半までしかいることができませんでしたが、有意義な時間をすごさせていただきました。現地到着後すぐマッサージ開始。時間的に5人で終了でしたが、まだ受けたいという方もいて、申し訳なかったです。是非また機会があったら参加させていただきたいと思います。
[PR]
by youtendo | 2006-05-28 20:56 | 日記

高血圧症

一般にいわれているのは本能性高血圧です。血管に弾力がなくなったり、コレステロールがたまり血管の運動がスムーズにいかなくなっておこります。過労やストレス、自律神経やホルモンのアンバランス、不規則な食生活などが原因です。
高血圧は、頭痛・肩凝り・めまい・動悸・息切れ・耳鳴りなどの症状を訴えるものです。しかし脳卒中や心臓病などを引き起こすこともある怖いものです。
基本的な治療として食事療法です。
肉・魚・動物性食品・酒・塩分の多いもの・甘いものはさけましょう。コーヒーや紅茶など興奮剤となるものもさけます。
玄米・イモ・豆・海草類・カルシウムを多く含むもの・野菜・果物など血管に弾力をあたえるものを多くとりましょう。そして毎朝の食後に食酢をさかずき一杯飲むと良いですよ。酢は血管に弾力を与え、たまったコレステロールを取り去る働きをしてくれます。
あとはツボを使った治療と、お灸を使って治療するといいですね!定期的なマッサージも必要だと思います。
ご両親や祖父母に教えてあげてください。
[PR]
by youtendo | 2006-05-18 00:26 | 症状と治療

夜尿症

夜尿症とは・・・おねしょの癖がついたものをいいます。その原因は過食などによって自律神経が失調しておこることが大半です。
まずは体全体を丈夫にすることを心がけましょう!公園などで1時間くらい運動をさせたりするといいでしょう。そして間食はやめさせたほうがいいでしょう。
ニラ・長ネギ・たまねぎ類の食事を続けることをおすすめします。ねぎ類は体を温め、神経の栄養となり、活力を与えてくれます。
あとはマッサージ療法です。
1.子供を仰向けに寝かせ、左右の股の付け根のそけい部を手のひらでよくマッサージします。(手はよく温めて)
2.手をよく温めて、一方の手を腰にもう一方の手を下腹部にあて体をはさみ、5分程肌にピッタリつけておく。
3.うつ伏せにして両手をバンザイさせ、足を45度開かせる。両手を腰の下の仙骨に当て、静かに押し、肛門のほうにひきさげる。そのまま手を離さず、ソーッと力を抜く
こんな感じでやると良いでしょう。おねしょをしたからといって、怒るだけでは解決しません。逆に子供が萎縮してしまいますので、家族みんなで取り組むといいでしょう。
[PR]
by youtendo | 2006-05-13 16:40 | 症状と治療

側わん症

背骨が曲がっていることをいいます。よく背骨がずれてるという人がいますが、一般的にいわれてるずれとは、ねじれのことです。ずれていたら歩くことも、たつこともできないでしょう。今来院している患者さんは、60代女性で、背骨が大きく右に曲がっています。これを完璧に治すことは難しいでしょう。しかしほぉっておいたらどんどん進行してしまいます。患者さんの訴えている症状は、背中の痛み・まっすぐ歩けない・うつ伏せになれない・座っているのも辛いなどでした。この中でも、まっすぐ歩けないのはかなり気にしていました。鍼・灸・指圧・マッサージで治療開始!うつぶせになれないので横向きでマッサージをして、全体的に筋肉を緩めていきます。ある程度緩めることによって、背骨が少し動きます。その後に鍼・灸治療でいい状態を体に覚えこませます。家では曲がっているほうと反対周りにハイハイさせます。(30周くらい)普段の生活でも、座る位置を向かいの人とかえる(1日おきとか)とか工夫をするといいです。最初は週2回きていただいていい感じになってきたら週1回にします。今回は4回くらいでいい感じになりました。どうしても猫背っぽくなってしまっていましたが、今はそれもなくなり、誰かと一緒じゃなきゃ外出できなかったのが、1人で外出もできるようになりました。表情も明るくなって、旦那さんと一緒に散歩しているときも杖もつかずしっかりと歩いていました。
[PR]
by youtendo | 2006-05-08 01:23 | 症状と治療